久留米の混雑は花火大会時に注意!(2023年版)回避方法や穴場は?

久留米の混雑は花火大会時に注意!(2023年版)回避方法や穴場は? イベント関連

福岡県久留米市では毎年8月に筑後川花火大会が開催され例年45万人もの人出があります!これは九州の花火大会の中で2番目の人出の多さです!

久留米市の総人口は約30万人ですので、筑後川花火大会がどれほど人気の花火大会か分かりますね!

そしてこの筑後川花火大会は1年の中で久留米市が最も混雑するイベントの一つであることは間違いないです!

この記事では2023年版、筑後川花火大会時の久留米市の混雑や渋滞状況や混雑回避方法、渋滞回避方法を紹介します!

筑後川花火大会2023(久留米市)の詳細情報

久留米市で行われる筑後川花火大会2023の詳細情報は以下の通りです。

開催日2023年8月27日(日)
開催時間19:40~20:50
打ち上げ時間70分
打ち上げ数1万5000発
例年の人出45万人
打ち上げ場所京町会場、篠山会場の2か所
筑後川花火大会2023の詳細情報

多くの人が来場されるため、混雑を避けるためか、筑後川花火大会2023では2か所から花火の打ち上げがされるようです。

引用:https://kurume-matsuri.jp/fire/index.html

JR久留米駅を挟んで東西に分かれていますね!

筑後川花火大会2023の久留米駅の混雑状況は?

筑後川花火大会2023の久留米駅の混雑状況は、「西鉄久留米駅」と「JR久留米駅」どちらも地元民が驚くほどの大混雑になります!

上の写真は花火大会後のJR久留米駅の様子ですが、日本で一番人気の遊園地の開園前の様な並ぶ具合ですね。

筑後川花火大会2023の久留米駅はなぜこんなに混雑する?

筑後川花火大会2023の久留米駅はなぜこんなに混雑するのかというと、もちろん花火大会自体が大人気と言うのはありますが、筑後川花火大会では駐車場が用意されていないことが一つの要因になっています。

筑後川花火大会では例年駐車場が用意されておらず、2023年も臨時駐車場などはありません。また会場周辺道路は交通規制が多いので、数駅離れたところに駐車して電車で会場に来るまたも多いので、久留米駅は大混雑になります。

花火大会後は駅の混雑で電車に乗るのに1時間はかかるとみておいたほうが良さそうです。

また、筑後川花火大会は県内外からも多くの人が来場されるので、博多駅でも久留米方面に向かう電車は終日混み合うようです。

筑後川花火大会2023の久留米駅の混雑回避方法

筑後川花火大会2023の久留米駅の混雑回避方法は以下の3つです!

  • 花火大会終了の少なくとも10分前には帰る
  • 帰宅が「下り電車」の場合は、久留米駅の一つ前の駅、「肥前旭駅」から乗車する
  • 帰宅が「上り電車」の場合は、久留米駅の一つ前の駅、「荒木駅」から乗車するのもアリ

混雑回避方法①花火終了の10分前には帰る

花火大会前よりも後の混雑の方が、皆さん一斉に帰りだすので、混雑はひどいものになります。

クライマックスを見るのを我慢して花火終了10分前に帰ることで、大混雑は回避できるでしょう。

クライマックスまでしっかり見たい!と言う方は次に紹介する方法がおすすめです。

混雑回避方法②下り電車利用は「肥前旭駅」から

下り電車を利用するのであれば、JR久留米駅の一つ前の駅「JR肥前旭駅」から乗車すると、久留米駅で大勢の人が乗車する前に乗ることができるのでお勧めです!

花火の観覧会場は「鳥栖会場」と「長門石会場」がいいでしょう!

混雑回避方法③上り電車利用は「荒木駅」から

上り電車利用の場合は反対方面の、JR久留米駅一つ前の「荒木駅」から乗車すると良いでしょう。

ただ、荒木駅は久留米駅周辺からは徒歩1時間ほどかかる距離ですので、「鳥栖会場」や「長門石会場」で観覧後、「JR肥前旭駅」から荒木駅まで行って、上り電車に乗り換えるのも一つの手です。

筑後川花火大会2023の久留米市内の渋滞状況は?

筑後川花火大会2023の久留米市内の渋滞は、高速道路や、佐賀県鳥栖の周辺道路でも発生するでしょう!

久留米周辺の高速道路は終日、上下線ともに渋滞が発生しやすいようです。久留米ICでは渋滞がひどく、高速を降りるのに時間がかかる場合もあるようです。

久留米市のお隣の佐賀県鳥栖の道路も花火大会当日は終日渋滞が発生しやすいようです。

通常車で30分の距離が1時間かかることもあるので、筑後川花火2023では倍くらいの時間がかかると考えて行動しましょう!

筑後川花火大会2023の久留米市内の渋滞回避方法は?

筑後川花火大会2023の久留米市内の渋滞回避方法は以下の3つです!

  • 3号線、209~210号線をできるだけ避ける
  • 会場から離れているけど、徒歩圏内の駐車場を利用する
  • 花火終了の1時間後に帰る

渋滞回避方法①3号線、209号線、210号線をできるだけ避ける

JR久留米駅と西鉄久留米駅周辺が人、車、バスで大混雑、大渋滞になりやすいです。ですので、できるだけ3号線、209号線、210号線を避けて通りましょう!

筑後川を挟んで、久留米駅から反対側のエリアに駐車して観覧するのも渋滞回避の一つの方法でしょう。

混雑回避方法②会場から離れているけど、徒歩圏内の駐車場を利用する

電車の混雑もひどいので、渋滞と電車の混雑を回避するためには、会場は離れていて、徒歩圏内の駐車場を利用するのが良いでしょう!

同じような考えん方は多いので、駐車場が見つからなくて、花火会場にたどり着けなかった!ということの内容、駐車場は事前に予約しておきましょう!

事前に駐車場を確保しておくだけでも、安心して花火大会を楽しめますよね!

混雑回避方法③花火終了の1時間後に帰る

花火大会直後が最も込み合います!筑後川花火大会時の久留米市内の渋滞は日付が変わっても解消されないほどひどくはないですので、花火終了の1時間くらいは会場に残ってお友達や恋人との楽しいおしゃべりの時間を楽しんでは?

車の中で何時間も渋滞にはまってしまうよりはいいですよね!

まとめ

以上、筑後川花火大会2023時の久留米の混雑や渋滞状況と、回避方法についてまとめてみました!

  • 筑後川花火大会時の久留米は一年で一番混雑する日
  • JR久留米駅も西鉄久留米駅も大混雑で入場規制がされるほど
  • 混雑回避には一つ前の駅から乗車するのがおすすめ
  • 花火大会当日は高速道路も隣県の道路も終日渋滞が発生しやすい
  • 渋滞回避には筑後川を挟んで久留米駅と反対側のエリアに駐車する
  • 臨時駐車場などは用意されていないので、事前にアプリで予約するのがおすすめ

せっかく楽しい花火大会も帰りに大混雑、大渋滞に巻き込まれたら、楽しい気分も減ってしまいますよね。

今回の内容を参考に事前に混雑対策して、快適に花火大会を楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました