北区花火会2023の混雑状況は?回避できる駐車場や穴場を紹介!

北区花火会2023の混雑状況は?回避できる駐車場や穴場を紹介! イベント関連

東京都北区の秋の祭典「北区花火会は」は、2023年は9月30日(土)に開催されます!

2023年の北区花火会は4年ぶりの完全復活、そして第10回目の節目という事で、例年以上の賑わいになるでしょう!

そこで、今回は北区花火大会2023の混雑状況や、混雑回避できる駐車場や穴場観覧場所を紹介したいと思います!

この記事を読めばできるだけ混雑を回避して快適に花火を楽しめるでしょう!

北区花火会2023の混雑状況は?

北区花火会花火大会2023は5万人以上の人出が予想されるので、電車の混雑と、市内渋滞に注意です!

特に会場は16時頃から混み始め、人気の観覧場所はお昼には場所取りをしておかないといけないほどです。

ただ、都内で開催される他の花火大会と比べると混雑や渋滞は少し落ち着いているようです。

上の方は混雑も大したことはないとツイートされていますが、他の花火来会と比べてという事だと思います。

他の方は電波が入りにくくなるほど混雑しているとツイートしています。混雑の感じ方は人それぞれだとは思いますが、5万人の人出があるという事を考えるとそれなりに混雑はしています。

北区花火会2023の混雑回避方法

大混雑というわけではない北区花火会でも混雑や渋滞は発生していますので、混雑&渋滞対策は必須でしょう!

以下は北区花火会2023の混雑回避方法3つです。

  • 花火終了の少なくとも10分前には帰る
  • 駐車場は少し離れた歩ける距離に停める
  • 会場から少し離れた穴場から見る

以下で詳しく解説していきます。

混雑対策方法①花火終了の10分前もしくは1時間後に帰る

花火が終わってからが一番混み合いますので、10分前に帰宅するか、クライマックスまで見たいのであれば、混雑が落ち着いたころの1時間後を目安に帰り始めると、ある程度混雑や渋滞を回避できるでしょう。

花火の打ち上げは19:30で終わりますが、屋台は21時ころまでやっているようですので、花火終了後は屋台を楽しむのも良い混雑対策になりますね!

混雑対策方法②駐車場は少し離れた歩ける距離に停める

花火を観覧席で見たいという方で、車で行く場合は駐車場は少し離れた歩ける距離に停めたほうが混雑回避できます。

北区花火会では臨時駐車場などは用意されていないので、周辺の有料駐車場に駐車することになります。

駐車場は早めに満車になりますので、以下のようなアプリを使って駐車場を事前予約していたほうが安心です。

事前予約しておくと、当日に駐車場探してたら花火が始まってしまった!という事も事前に防げます。

混雑回避方法③会場から少し離れた穴場から見る

人混み、渋滞両方をできるだけ回避したいのであれば、少し離れた穴場から見るのも良い混雑回避方法です。

次以降の章で「離れていても花火が良く見える穴場」を紹介しています。

北区花火会2023の穴場観覧場所

会場から離れているけれど、花火も十分に見ることができる、北区花火会2023の穴場観覧場所を以下の表にまとめました!

穴場見え方混雑トイレ
荒川土手(川口市)真正面。迫力〇人出はあるが混雑はしていないなし
都市農業公園真正面。迫力〇人出はあるが混雑はしていないあり
環状七号線遠くから混んでいないなし
イオン坂出少し遠くから混んでいるあり
坂出花火大会2023の穴場観覧場所

それぞれを詳しく紹介します!

穴場①荒川土手

会場を荒川を挟んで対岸である荒川土手は絶好の穴場スポットです!

花火を真正面に見ることができ、迫力も十分です!ただ、絶好の穴場としてそれなりに知名度が上がっていますので、2023年は少し人が多いと感じるかもしれません。

穴場②都市農業公園

都市農業公園も混雑を避けつつ、迫力のある花火が見える絶好の穴場スポットです!

荒川土手の近くですが、土手にはトイレはないですが、都市農業公園にはトイレがありますので、お子様連れの方にはこちらの方がおすすめです!

穴場③環状七号線

遠目ではありますが、環状七号線付近からも花火は見える様です。

上の方は、雨除けのために環状七号線の下から観覧したようです。

す。

まとめ

以上北区花火会2023の混雑&渋滞状況や混雑回避の駐車場や穴場についてまとめてみました!

  • 北区花火大会2023は混雑も渋滞も発生するが都内の花火大会と比べると穴場な花火大会
  • 16時頃から混雑が始まり、会場でベストなところに場所取りしたければ昼には行くべき。
  • 混雑回避方法①花火終了の10分前もしくは1時間後を目安に帰宅する
  • 混雑回避方法②会場から離れた歩けるくらいの場所に駐車する
  • 混雑回避方法③離れた場所で花火鑑賞する
  • 穴場①荒川土手は混雑なしで迫力の花火が見える
  • 穴場②都市農業公園は荒川土手同様だが、トイレがある
  • 穴場③環状七号線でも遠目に見える

今回の内容を参考に快適に花火を楽しんでいただけたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました